コンパクトさが受けている

「ミウラ折り」プチ出版とプチ収入

1000部作って1000部販売の「プチ出版」

最大20万円の売上を目標にして

 定価は1部300円に設定。店頭に置いて貰って販売したり、知人友人に直接買ってもらったり、ノベルティ(記念品)に使ってもらったり、ネット販売したりと様々な方法で販売します。

 卸価格を150円~200円に設定して、制作費用を差し引いたら15万円ほどが収入となります。

 もちろん、売り切れる前に増刷も検討しましょう。1000部売れるものは2000部売れるものです。

数え切れないほど作ってきました。その内の2つの事例です。

 いままで制作してきたものは、それぞれの方が信じて主張する内容のものばかり。道徳教育の主張であり、神社の拝詞(のりと)であったり、般若心経(お経)であったりと多種多様。

 奈良OMP出版が考え出した手作り「ミウラ折り」は、小ロット、低価格を実現したことによって、手軽に制作できるようになり、以前より速いスピードで知ってもらえるようになりました。

 本来、100部200部といったロットでは随分と割高になってしまいました。これは、産業化するには大量化(機械化)が必要だからです。だから、料金体系もロットも何万部の単価に合わせているからです。

 機械化して大量受注を可能にしたために、小ロットが割高になってしまいました。そこで考え出したのが「手作りによる小ロット受注」です。小ロット受注といえども、ちょっと工夫しなければ折ることのできない「ミウラ折り」です。奈良OMP出版だけができる小ロット・低価格対応です。

 

記念品
記念品

 

自治会の防災啓発に

(A4ミウラ折り商品)

 

災害用の伝言ダイヤルや持ち出し品リスト、家族の連絡電話など、災害時に役立つ情報記入欄と、いざというときの対処法など防災・安全を啓発するカード型商品。各地の自治会で防災啓発品として活用されています。

 100個以上で表紙に自治会名を入れることができます。

 

神社参拝の手引き

(A4ミウラ折り商品)

 

 神社参りが趣味のグループが参拝時の礼儀や、神社内の説明などもイラストともに書かれています。

 最近は歴史好きな女性「歴女」が神社仏閣を訪れることが流行っているようです。